外国人技能実習制度の展開

エマールグループでは、国際協力及び国際貢献の視点に立ち、
ベトナムからの技能実習生を受け入れ、企業様に紹介します。

  1. 外国人技能実習制度とは
    外国人技能実習制度とは、開発途上国の経済発展と産業復興の担い手となる人材育成を行うために、諸外国の青壮年労働者を一定期間受け入れ、先進国の進んだ技能・技術・知識の習得を支援するものです。
    開発途上国の国際協力・国際貢献事業として重要な役目を担っています。

    通常は「団体管理型」(営利を目的としない団体「協同組合等」が受け入れ、傘下の企業等で技能実習を実施)で行います。入国後に講習(日本語教育や生活指導、入管法、労働法の勉強)を行い、企業とは雇用関係(労働者)として、実践的な技能等の修得を図ります。
    1年終了時に技能試験を受け、合格した場合、最長3年間の技能実習を行えます。
    ※建設分野における外国人材の活用に係る緊急措置の場合、5年延長可。(審議中)
エマールグループの外国人技能実習制度

エマールグループの関東エンジニアリング協同組合が、外国人技能実習生の受け入れ、企業への実習生紹介を行っています。

  • 認定
    送出し機関

    目的

    • 自国の産業技術の向上
    • 企業の事業活動の改善や生産性向上
  • エマールグループ
    関東エンジニア
    リング協同組合
    国土交通省、経済産業省、農林水産省認可
  • 日本の
    受け入れ企業

    目的

    • 生産コストへの貢献
    • 外国企業との関係強化
    • 経営の国際化
  • 送出し国

    目的

    • 技能習得と帰国後の能力発揮により自らの職業生活の改善向上
※実習期間終了(最長3年)ただし建築分野における外国人人材の活用に係る緊急措置の場合、5年延長可
  • エマールグループの外国人技能実習制度イメージ1
  • エマールグループの外国人技能実習制度イメージ2

外国人技能実習制度の流れ

  1. 実習ニーズの把握
    • お打ち合わせ、お申し込み
    • ベトナム送り出し機関にて外国人技能実習生選考
  2. 書類選考・面接
    • 受入企業様による現地面接(組合による代行面接可能)送り出し機関による日本語教育
    • 在留資格許可申請、ビザ申請取得
  3. 出入国手続き
    • 入国、空港へのお迎え
    • 集合講習(160時間)
    • 集合講習終了後、各実習先企業へ
  4. 技能実習1号(1年間)
    • 在留資格変更許可
    • 技能検定合格者は技能実習2号へ移行
  5. 技能実習2号(2年間)
    • 技能検定試験
    • 実習成果の評価(JITCO)
  6. 帰国
「外国人技能実習制度」の概要
  1. 技能実習生を受け入れできる企業
    ■ 外国人技能実習制度の対象職種であること(定款上で記載されていること)
    ■ 企業としての業務実態があり、決算処理が行われていること。
    ■ 労働保険・社会保険の適用事業所であること。
    ■ 技能実習生の宿泊施設が確保できること。
    ■ 労働安全衛生法に定める安全衛生上必要な措置またはそれに準じた措置を講じていること。
    ■ 技能実習指導員、生活指導員を配置すること。
    (技能実習指導員は、常勤職員で修得使用とする技術・技能・知識の5年以上の経験者)